English
閉じる

Reports

HOME > Reports

2018.02.02

第7回けいはんなRC 異分野交流セミナー『人と機械の融和で創る新しい未来』

2017年12月18日、オムロン株式会社 京阪奈イノベーションセンタにおいて、オムロンの技術・知財本部 知能システム研究開発センタ長 竹内勝氏を講演者に迎え、人と機械の新しい協調の姿や未来像について、解説いただきました。セミナー後半では、同社の次世代リーダーたちが8つの技術をテーマ別にポスターセッション形式にて紹介し、異分野間の交流を深めました。

2018.01.29

第6回けいはんなRC異分野交流セミナー『ロボット・脳・AIから見通す未来』

2017年11月08日、ATRにおいて 最新のロボティクスと脳に根差すAIの融合について、脳科学の専門家から研究最前線の紹介と産業応用への道筋について示唆するセミナーを開催しました。

2018.01.26

第5回けいはんなRC異分野交流セミナー『起業家マインドで挑む新未来』

2017年9月8日、京セラ株式会 中央研究所において、京セラ執行役員上席 研究開発本部長 稲垣 正祥氏を講演者に迎え、有名な “京セラ フィロソフィ”と“アメーバ経営” の実践から生まれる新たな価値創造の効果についてエピソードを交えながら、紹介いただきました。セミナー後半では、京セラグループの有する技術をテーマ別にポスターセッション形式で見学し、異分野間の交流を深めました。

2018.01.10

第6回Keihanna Venture Championship(KVeCS)開催レポート

国際的なオープンイノベーションを掲げるけいはんなリサーチコンプレックスが企画するKVeCS。2017年12月15日、今期最後となる第6回KVeCSが開催されました。今回は再チャレンジを含む合計7社が登壇。シンプルで使いやすいモーターを開発販売を手掛ける会社、3Dスキャナーを使ったオーダーメイドのソールを制作する会社、奈良先端大発ベンチャーなどバラエティ豊かなピッチでした!

2017.12.07

第5回Keihanna Venture Championship(KVeCS)開催レポート

2017年11月17日、第5回KVeCSが開催されました。今回は関西の技術ベンチャーを集めました。国際的なオープンイノベーションを掲げるけいはんなリサーチコンプレックスが企画するKVeCS。社会課題解決型ベンチャー、オープンイノベーションを掲げるベンチャー、業界に革新を起こすべく始めたベンチャー、素材を追求したベンチャー、そしてニッチな業界に切り込むベンチャーがピッチ!

2017.11.07

平成29年度 第6回人材育成フレームワークレクチャーレポート

9月14日(木)、大阪大学大学院、大野智 准教授と京都大学大学院、佐藤弥 准教授を講師にお迎えして、今年度 第6回の 人材育成フレームワークレクチャー を開催しました。

2017.11.07

平成29年度 第7回人材育成フレームワークレクチャー レポート

10月12日(木)、株式会社ヴァリューズの辻本 秀幸氏を講師にお迎えして、今年度 第7回の 人材育成フレームワークレクチャー を開催しました。

2017.10.30

京都スマートシティエキスポ2017 出展レポート

平成29年9月28日・29日京都スマートシティエキスポが開催され、けいはんなRCも参加致しました。

2017.10.25

第4回Keihanna Venture Championship(KVeCS)開催レポート

2017年10月20日、第4回KVeCSが開催されました。国際的なオープンイノベーションを掲げるけいはんなリサーチコンプレックスが企画するKVeCS。大学発ベンチャー等が世界に進出するため、ビジネスプランのピッチを行うトーナメント形式のイベントです。 今回は10代、20代の起業家が5社中3社(しかも最年少は19歳!)ということで、若手中心のピッチとなりました。

2017.10.25

「フィンテックフォーラム in Keihanna~イスラエルの注目されるベンチャー~」開催レポート

2017年10月23日(月)「フィンテックフォーラム in Keihanna~イスラエルの注目されるベンチャー~」を開催しました。ICTと組み合わされたフィンテックへの投資は毎年数倍の規模で拡大しており、次々と生み出されるサービスが我々の生活や会社の取引慣行などを変え、更には情報セキュリティーへと応用範囲が拡大されています。近鉄ハルカスコインの取組みやイスラエルベンチャーの講演は、この変化の躍動感を感じられる講演会となりました。また、相談会は大変盛況で予定時間を越えてのマッチングが行われました。フィンテックとそれを活用した新規ビジネス創出に対する高い期待が感じられました。

1 / 41234