English
閉じる

Information

HOME > Information > けいはんなRCがスタートアップ企業支援プログラムの初回成果発表会を開催 ~国内外のスタートアップが大手企業等との製品・サービス実証の取り組みを発表~

けいはんなRCがスタートアップ企業支援プログラムの初回成果発表会を開催 ~国内外のスタートアップが大手企業等との製品・サービス実証の取り組みを発表~2019.09.20

関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で世界に冠たるイノベーション創出を目指す「けいはんなリサーチコンプレックス事業」(中核機関:公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、以下「けいはんなRC事業」)において、事業化支援・イノベーションハブ構築を担う株式会社国際電気通信基礎技術研究所(京都府相楽郡精華町、代表取締役社長:浅見 徹、以下「ATR」)は、7月に開始した国内外のスタートアップ企業を対象とする支援プログラム「けいはんなグローバルアクセラレーションプログラムプラス(Keihanna Global Acceleration Program Plus、以下「KGAP+」)」初回参加企業10社の成果発表を、京都スマートシティエキスポ2019(10月3日・4日、けいはんなオープンイノベーションセンター)で行います。

KGAP+は、けいはんなRC事業でATRが連携関係を構築したイスラエル、米国ニューヨーク市とシリコンバレー、スペイン・バルセロナ市、カナダといった世界のイノベーション拠点と日本国内から選ばれたスタートアップ企業が、けいはんな学研都市の強みである実証実験都市機能を活用して、製品・サービスやコンセプトの実証を日本の大手企業等と協業して実施することをゴールとするプログラムです。約3カ月のプログラム後に選抜された企業が参加するバルセロナ市とニューヨーク市での特別プログラムも用意し、スタートアップ企業のグローバル展開を実践的に支援します。

初回参加企業10社は、7月22日から取り組んできた成果について、京都スマートシティエキスポ2019でのグローバルピッチイベント「Demo Day」(10月3日13時50分~16時40分)でプレゼンテーションを行うとともに、けいはんなRC事業の展示場所(小間番号1-303)にて展示を行い、取り組みの発展につなげます。また、イベントと展示には、第2回(9月30日~12月17日)参加企業10社も参加し、ビジネスパートナー探索を行います。

けいはんなRC事業では、本プログラムを通じて、国内外のスタートアップ企業が世界のイノベーション拠点での事業展開を目指すハブとしてのけいはんな学研都市を形成していきます。

 詳細はこちらの報道発表資料(pdf)をご参照ください



初回キックオフ(7月22日)


初回ピッチイベント(7月26日)

Information一覧へ