English
閉じる

Events

HOME > Events > 2019年度 第1回 カッティングエッジ

2019年度 第1回 カッティングエッジ2019.07.05

「The Cutting Edge!」では、大学、研究機関、企業の研究者が進める研究内容や、研究が目指す未来像などをもっともっと掘り下げて、直接研究者にきいてみたい、とのご要望にお応えしています。 今回は、この春「けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)」内にオープンした「けいはんなロボット技術センター」を会場に、人口知能をテーマにした講演と、ドローンやROS対応走行ロボット“Jackal”のデモンストレーションなどを行います。

 

開催日時 2019年07月05日(金) 15:00 - 17:30
場所

けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)内 けいはんなロボット技術センター

プログラム
15:0015:05 開会挨拶 
15:0516:05 「人工知能のこれまでとこれから~人間とロボットが共存するために~」 
         同志社大学 理工学部 インテリジェント情報工学科 教授 / 
         人工知能工学研究センター センター長 土屋 誠司 氏 
16:0516:30 けいはんな研究シーズ発表会/けいはんなロボット技術センター デモンストレーション 
16:3017:30 「株式会社T-ROBOのロボット開発について」 
          株式会社 T-ROBO 代表取締役社長 林 弘幸 氏 
登壇者プロフィール

【講演1】土屋 誠司氏
同志社⼤学 理⼯学部インテリジェント情報⼯学科 教授
人工知能工学研究センター センター長

東2002 年同志社⼤学⼤学院⼯学研究科知識⼯学専攻博⼠前期課程修了。同年三洋電機株式会社⼊社。2007 年同志社⼤学⼤学院⼯学研究科知識⼯学専攻博⼠後期課程修了。同年徳島⼤学⼤学院助教を経て、2009 年同志社⼤学理⼯学部インテリジェント情報⼯学科助教。その後、准教授、教授を経て、2018 年から同志社⼤学⼈⼯知能⼯学研究センター長。
主な研究テーマは、知識処理、概念処理、意味解釈。

 

 

 

 

 

【講演2】林 弘幸 氏
株式会社 T-ROBO 代表取締役社長

1994 年3 ⽉舞鶴⾼専卒業。1994 年4 ⽉ターゲット・エンジニアリング株式会社⼊社。2012 年11 ⽉三菱電機ロボットSI パートナーにTARGET 社で参加。2014 年三菱電機関⻄地区ゴールドSI パートナーに昇格。 2016 年株式会社T-ROBO を設⽴。ロボット知能化システムの研究開発を⽬指す。2017 年10 ⽉⼀般社団法⼈ドローン撮影クリエイターズ協会参与。

参加費

無料

対象 一般
参加資格・条件 特になし
申込締切 2019年07月04日 17:30
定員 80名

参加にあたっての注意事項

イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。
主催

けいはんなリサーチコンプレックス/公益財団法人京都産業21

「けいはんなリサーチコンプレックス」は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の実施拠点です。
事務局
  • けいはんなリサーチコンプレックス事業/同志社・けいはんな産学交流会事業
  • 氏名:(公財)関西文化学術研究都市推進機構 / 同志社大学
  • E-mail:hr-dev@keihanna-rc.jp
  • TEL:0774-65-6223

イベント申込みはこちら