English
閉じる

Events

HOME > Events > 第7回START BRAIN TECH

第7回START BRAIN TECH2018.12.14

~研究者×企業で事業機会を共創
企業から研究者に向けて~

BRAIN TECHビジネスに強く興味を持つ企業や起業家をお呼びし、彼らが抱える課題やBRAIN TECHへの期待を脳情報科学の研究者と共有するセミナーを開催します。研究者と事業者の活発な交流でこの分野での新しい事業創出につなげることを目指します。

開催日時 -
場所

(株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
京都府相楽郡精華町光台2丁目2-2
http://www.atr.jp/map_etc/access_j.html

プログラム
13:30
受付開始
14:00
開演
14:00-14:15
けいはんなRC挨拶
鈴木 博之氏(ATR代表取締役専務・けいはんなRC戦略ディレクター兼イノベハブ推進リーダ)
14:15-14:45
講演:「NeuroTech, from science labs to the consumers: Context, challenges, vision」
Yohan Attal氏(CEO & co-founder, myBrain Technologies)
14:45-15:15
講演:「BRAIN TECHの世界動向」
若林 龍成氏(株式会社neumo President & CEO)

— 10分休憩 —

15:25-15:50
講演:「アクセンチュアから見た事業機会の共有」
唐澤 鵬翔氏 (アクセンチュア株式会社戦略コンサルティング本部マネジング・ディレクター)
15:50-16:15
講演:「メルカリの研究開発組織R4Dの取り組み(スクラッチからつくる研究開発組織)」
山村 亮介氏(株式会社メルカリ R4Dオフィサー)
16:15-16:40
講演:「メディアシークにおけるブレインテック事業のチャレンジ」
西尾 直紀 氏(株式会社メディアシーク 代表取締役)
16:40-17:10
パネルディスカッション、質疑応答(若林氏、唐澤氏、山村氏、西尾氏、Yohan Attal氏)
17:10-18:00
ネットワーキング
登壇者プロフィール

若林 龍成

若林 龍成 氏(株式会社neumo 代表取締役) 
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)を経て2000年にビービットを創業し、副社長に就任する。ビービットでは業務執行責任者として活躍し、2016年米国にベンチャーキャピタルを設立。京都大学やスタンフォード大学と共同で研究を実施しEEGデバイスやAI技術に対して投資を行っている。また、ビービットではR&D組織を持っており、大学や企業と脳神経科学を活用したビジネスの応用の共同研究プロジェクトを牽引してきた。2017年に独立し、株式会社neumo代表取締役に就任。


Yohan Attal

Yohan Attal氏
(CEO & co-founder, myBrain Technologies) 

University of Paris Ⅺ(パリ11大学)にてBrain imagingとSignal processingの分野でPhD取得。Brain & Spine Institute of Paris (ICM)ではEEG, MEG, MRIを使って脳卒中や記憶の処理、アルツハイマーなどの記憶に関連する病気の研究を行い、数多くの学術誌への投稿や国際会議での登壇経験を持つ。2014年にmyBrain Technologiesを創業してCEOに就任。


唐澤 鵬翔

唐澤 鵬翔氏
(アクセンチュア株式会社 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクター)

主に通信やメディア&エンタメ、ハイテク、ソフトウェア&PF業界における新規事業戦略、イノベーション戦略が専門領域。特に、AI、IoT、音声・画像認識技術等のデジタルテクノロジーに精通しており、昨今はデジタルを活用した新規サービス立上支援に注力。企業に飛躍的な成長をもたらすテクノロジー(ExGT=Exponential Growth Tech)に関するR&D組織をリードしており、PoV発出や業界横断でのCXOセミナー等も多く手掛ける。


西尾 直紀氏

西尾 直紀氏(株式会社メディアシーク 代表取締役) 
東京理科大学理工学部応用生物科学科卒業。1991年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。通信事業者向けコンサルティングほかモバイルインターネット黎明期の事業立ち上げを支援。2000年メディアシーク設立、代表取締役に就任。会社設立から297日で東証マザーズ上場。カメラ付き携帯電話に先立ち携帯電話組込み型QRコードリーダーを開発、10年間で世界約3億台の携帯電話に搭載。2012年世界最高水準の読み取り性能を誇るスマートフォン向け「バーコードリーダー/アイコニット」発表、世界累計2,800万ダウンロードの定番アプリとして定着。現在はブレインテックなど先進テクノロジーを活用した新規サービス開発に注力するほか若手経営者向けインキュベーション活動など精力的に行う。


山村 亮介氏

山村 亮介氏(株式会社メルカリ R4Dオフィサー)
メルカリR4Dオフィサー。大阪大学理学研究科修士課程修了後、株式会社デンソーに入社しディーゼルコモンレールシステム向けコンポーネントの開発・設計を担当。出向中の新規事業プロジェクト立ち上げなどを経て、2018年3月に株式会社メルカリにジョイン。2018年4月より現職。

参加費

無料

対象 BRAIN TECHの事業化に興味を持つ研究者
参加資格・条件 定員等の事情で参加をお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。
申込締切 2018年12月13日 17:00
定員 20名

参加にあたっての注意事項

イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。
主催

けいはんなリサーチコンプレックス

「けいはんなリサーチコンプレックス」は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の実施拠点です。
事務局
  • (株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 事業開発室
  • E-mail:rc-atr@atr.jp

過去に他のイベントにお申し込みされたことはありますか。

イベント申込みはこちら