English
閉じる

Events

HOME > Events > 平成29年度 第10回人材育成フレームワークレクチャー

平成29年度 第10回人材育成フレームワークレクチャー2018.01.11

けいはんなリサーチコンプレックス事業では、フレームワークレクチャーとして、大学・研究機関の研究内容や、研究が目指す未来像など、もっともっと掘り下げたお話を直接聞いてみたい、とのご要望に応えます。

今回は「病院とオフィスの超快適環境を考える」をテーマに、奈良県⽴医科⼤学 川口教授と、同志社大学 三木教授お迎えし、ご講演いただきます。

 

→PDFチラシはコチラ

開催日時
場所

同志社大学 学研都市キャンパス 快風館

→アクセスはコチラ

プログラム

14:30~14:40 開会あいさつ

 

14:40~15:40

奈良県立医科大学 麻酔科学教室 教授 川口 昌彦氏

 

15:40~16:40 けいはんな研究シーズ発表会/交流会

 

16:40~17:40

同志社大学 理工学部インテリジェント情報工学科 教授 三木 光範氏

 

17:40~18:00 全体質疑・閉会

登壇者プロフィール
奈良県立医科大学 麻酔科学教室 教授 川口 昌彦氏

昭和63年奈良県立医科大学卒業後、麻酔科に入局。国立循環器病センター、大阪脳神経外科病院に勤務後、University of California,San Diego(UCSD)へ留学。平成12年奈良県立医科大学麻酔科 講師、平成18年助教授、平成24年教授に就任。専門分野は、神経麻酔、神経モニタリング、周術期管理、医療の質。生活機能や幸福度の改善に向けた多職種・多業種での医療環境の構築に取り組んでいる。
同志社大学 理工学部インテリジェント情報工学科 教授 三木 光範氏

情報通信技術の応用で、人が活動する環境の最適化の研究を行っている。照明器具にコンピュータと人工知能を組み込んだ知的システムは、東京の新丸ビル、六本木ヒルズ森タワーなどのオフィスにも導入され、オフィス証明の従来の常識を変えた。
参加費

無料

対象 一般
参加資格・条件 特になし
申込締切 2018年1月10日
定員 50名

参加にあたっての注意事項

イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。
主催

けいはんなリサーチコンプレックス

「けいはんなリサーチコンプレックス」は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の実施拠点です。
事務局
  • けいはんなリサーチコンプレックス事業
  • E-mail:info@keihanna-rc.jp
  • TEL:0774-65-6223