English
閉じる

Events

HOME > Events > 2018年度 第1回 The Cutting Edge!

2018年度 第1回 The Cutting Edge!2018.07.19

けいはんなリサーチコンプレックス事業では、大学・研究機関の研究内容や、研究が目指す未来像など、もっともっと掘り下げたお話を直接聞いてみたい、とのご要望に応え、「カッティングエッジ」というセミナーを実施します。
今回は、「脳情報の解読と制御技術のフロントライン」をテーマに、奈良先端科学技術大学院大学 徳田准教授と、同志社大学 高橋教授をお迎えし、ご講演いただきます。

開催日時 -
場所

同志社大学 学研都市キャンパス 快風館

プログラム
17:00~17:05 開会挨拶
17:05~18:05 講演1 「CMOS集積回路技術による埋め込み型脳神経インターフェース技術」
講師:奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 准教授 徳田 崇氏
18:05~19:00      けいはんな研究シーズ発表会/交流会
19:00~20:00 講演2 「脳情報フィードバック制御を活用したパーキンソン病症状の改善手法の開発」
講師:同志社大学 脳科学研究科 教授 高橋 晋氏
20:00~20:05 閉会
登壇者プロフィール

●奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
物質創成科学領域 准教授 徳田 崇氏
==========================================
1993年京都大学工学部卒業、1998年同大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。1998年日本学術振興会特別研究員(PD)。1999年奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科助手。2008年同大学准教授、現在に至る。半導体フォトニクスデバイス、特にバイオイメージングデバイス、ニューロエレクトロニクスデバイスの研究に従事。

 

 

 

 

●同志社大学 脳科学研究科 システム脳科学分野 教授 高橋 晋氏
==========================================
慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。日本学術振興会特別研究員(PD)、JST CREST研究員、京都産業大学コンピュータ理工学部助教、JSTさきがけ研究員(兼任)、同志社大学高等研究教育機構准教授、同志社大学研究開発推進機構准教授を経て、2017年より現職。博士(工学)。専門は神経科学と神経工学。

参加費

無料

対象 一般
参加資格・条件 特になし
申込締切 2018年7月18日
定員 50名

参加にあたっての注意事項

イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。
主催

けいはんなリサーチコンプレックス

「けいはんなリサーチコンプレックス」は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の実施拠点です。
事務局
  • けいはんなリサーチコンプレックス事業
    同志社大学 / (公財)関西文化学術研究都市推進機構
  • E-mail:hr-dev@keihanna-rc.jp
  • TEL:0774-65-6223